大学受験勉強法

大学入試のための情報収集から勉強方法まで、その合格術。アドバイスと掲示板過去ログ。

<< センター試験現代文、勉強の仕方 | main | コンテンツ目次 >>

センター試験現代文、勉強の仕方 参考書編

センター試験現代文、勉強の仕方では勉強の仕方(勉強法)の流れを書きました。

今回は、具体的に参考書問題集を挙げていきます。
前回は「理解用参考書(テクニック本)」と書きましたが、少し語弊があるかもしれません。

センター現代文用参考書はセンター現代文問題集よりも
問題傾向や問題を解くための読み方・目の付け所の解説が丁寧になっています。

問題集の方は、同著者の参考書を既にやっていることがほぼ前提となっており、
センター過去問を題材にその著者の読み方・解き方に慣れるための演習本です。

ただ、後述の『現代文SOS』のように本当の「テクニック本」に近いモノもあります。
ですが、センター試験現代文は、テクニックを学べば解けるような甘いモノではありません。
どの参考書を選んでもいいのですが、必ずその後に過去問を解けるだけ解いて下さい。

では、センター試験向けの参考書・問題集を挙げてみましょう。

-------------------------------------------------

●船口系 (船口 明)
きめる!センター国語 (現代文)
演習編きめる!センター国語I・II (現代文)
演習編の方は、9月頃には新課程版が出るのかな?中身同じポイけど。

●田村系 (田村 秀行)
田村のセンター試験現代文
田村のセンター国語ポイント講義

●出口系 (出口 汪)
出口センター現代文講義の実況中継
大学入試出口のシステム現代文 センター対策編

●SOS
現代文SOS 上巻 (上巻はセンター試験対策)

-------------------------------------------------

●船口系について
現代文といえば「出口・田村・河合塾」というイメージだったのですが、
きめる!を出して以来、定番となりつつあります。
解法テクニックが書いてあるので「何となく満足」だけして終わらないように注意。
完全に満足はしていませんが、無難な本だと思ったのでよく人に薦めています。

●田村系について
『やさしく語る〜』や『現代文講義』は読んだことがあるのですが、
センター系はまだ使ったことがありません。誰かオシエテ。
田村系で勉強してきた人は、ぜひ田村センターを使いましょう。

●出口系について
出口先生の本は合う・合わないがハッキリ分かれます。
私はノーマル実況中継が合わなかったクチなのでノーコメントです。
出口系で勉強してきた人は、ぜひ出口問題集を使いましょう。

●SOSについて
最初に現代文の読み方・解き方のテクニックをまとめているので、初心者でも取っつきやすいです。
ただ、分かった気になっても実際に解けるかはまた別でして、きちんと過去問を解いて下さい。
amazonで「代々木ゼミナール講師笹井厚のパクリ」などと書かれていますが、笹井先生の授業はオススメです。全ては「なぜ・何が・具(具体的に)」デス。
・・・と、思ったらSOSって絶版?amazonでプレミアついてます。
私は上下巻合わせて4冊ストックしているのですが、、、売ってしまおうかしら。

-------------------------------------------------

現代文が苦手なある生徒には、はじめはSOSをやらせてみましたが、
「きちんと読めた気にならない」というので船口にシフトさせたら点数が安定しました。
これは船口を薦めているわけではなく、
シックリこなかったらその参考書を諦める、という勇気も必要だということです。
「○○系は評判だからこれしかない!」と固執して欲しくないのです。
ただし、すぐに乗り換えて「アレでもない、コレでもない」とやっていては時間がなくなります。

もちろん、無駄金は使って欲しくないので、
最初に参考書を選ぶ時点できっちり吟味して下さい。
前書きと解説を一年分は読んで、
「これならセンター現代文が読めそうだ」と思った本を選びましょう。
comments (0) | trackback (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks